労働基準監督員の仕事とは

企業で働いている人にとって、労働基準監督署はこうした官公庁系の施設の中でも割と聞いたことがあるところではないかと感じます。労働基準監督署で働く国家公務員が、労働基準監督員です。
労働基準監督員の仕事は、定期的な調査、危険と判断する場合使用停止する、また工場、建設工事現場などで死亡事故などがあった場合、現場へ行って直接その原因を探るなど調査を行い、再発防止策を指導します。

労働災害に関しては防止するための行動、分析、さらに指導なども行う安全衛生業務もあり、労災者災害補償保険法に基づき、事実関係の調査などを行うのも労働基準監督官の仕事です。企業の事業主が労働基準関係法令において、悪質と考えられる違反を犯した場合、検察庁に送検、司法処分を行います。

これらの仕事を臨検監督、災害超調査、司法処分、安全衛生業務、労災補償業務が業務です。この職業に就くためには国家公務員に合格したのち、基礎研修や実施訓練などを行い、労働基準に基づいた確固たる判断ができる人材になっていきます。

この職業の場合、基礎研修や実施訓練、そのほか労働大学校の受講などもあり、合格してからもかなりの勉強が必要です。というよりも、国家公務員はいずれも、常に勉強し時事に精通しておくことが求められる職業です。