国家公務員の一般職とは

国家公務員の一般職は大卒と高卒があります。今回は一般職の大卒の仕事を紹介します。国家公務員の総合職はキャリアと呼ばれる人たち、つまり幹部候補生たちですが、一般職は、キャリアが考えた政策を運用するという立場にあります。

採用が決まり省庁に就職となると、通常、省庁内の移動となるので、専門的要素がかなり強い職業ともいえます。
出先機関への移動もありますが、通常、一般職の場合、9つの地域に振り分けがあり、そこで採用という形になるので、民間企業でいう転勤がありません。引越しなどを考慮することも、単身赴任することもないので、安定しているといえるでしょう。

自分の得意な分野を専門的に見ることができるので、非常にやりがいがある仕事となりますし、総合職は3年くらいで転勤となりますが、一般職は動くことがないけれど、大きな仕事ができる、国の中枢にかかわる仕事ができるという点に大きな魅力があるでしょう。

省庁によって仕事内容が大きく変わってきますが、大きくは事務系、技術系です。事務系は内閣府、金融庁、入国管理局などで、技術系は農林水産業の研究など現場で働くことになります。

大卒の場合、高卒一般職よりも出世しやすいといわれているんで、大卒で一般職を狙う人の方が多いです。