国家公務員とはどのような仕事?

公務員は国家公務員と地方公務員に分けることができます。これは憲法の全体の奉仕者として規定されているものです。国の業務に従事するのが国家公務員です。
国家公務員は、特別、一般職の二つに分類され、私たちが国家公務員と聞いてすぐに頭に浮かぶ外交官や税務署職員などは、一般職です。つまり、私たちの身近にいる国家公務員は、通常一般職の国家公務員ということです。

国家公務員になるためには、試験を受ける事が必要です。採用試験は、国家公務員の中の様々な職種、受験資格などによって違いがあります。受験資格なども細かく乗っていますので、詳細をしっかり調べなければなりません。

試験に関しては、各府省が作成する業務のパンフレットや、説明会、セミナーなどによってわかります。自分が国家公務員としてどのような業務につきたいかによって試験内容も変わってきますので、先ずは国家公務員という業務にどのようなものがあるのかを理解することが必要でしょう。

試験の内容に関しては詳細に調べる事が必要ですが、大まかに、総合職、一般職、専門職、経験者採用などがありますので、その中で受験資格などがあるかどうか、確認してみるといいでしょう。このほか、学歴や専攻分野によって違う受験もあります。仕事の種類などによって細かく分類されていますので、業種の確認も行いましょう。

当サイトは、国家公務員についてどのような仕事になるのかお伝えします。当サイトがこれから国家公務員を目指す方々の情報サイトとして利用して抱ければ幸いです。