国家公務員の一般職とは

国家公務員の一般職は大卒と高卒があります。今回は一般職の大卒の仕事を紹介します。国家公務員の総合職はキャリアと呼ばれる人たち、つまり幹部候補生たちですが、一般職は、キャリアが考えた政策を運用するという立場にあります。

採用が決まり省庁に就職となると、通常、省庁内の移動となるので、専門的要素がかなり強い職業ともいえます。
出先機関への移動もありますが、通常、一般職の場合、9つの地域に振り分けがあり、そこで採用という形になるので、民間企業でいう転勤がありません。引越しなどを考慮することも、単身赴任することもないので、安定しているといえるでしょう。

自分の得意な分野を専門的に見ることができるので、非常にやりがいがある仕事となりますし、総合職は3年くらいで転勤となりますが、一般職は動くことがないけれど、大きな仕事ができる、国の中枢にかかわる仕事ができるという点に大きな魅力があるでしょう。

省庁によって仕事内容が大きく変わってきますが、大きくは事務系、技術系です。事務系は内閣府、金融庁、入国管理局などで、技術系は農林水産業の研究など現場で働くことになります。

大卒の場合、高卒一般職よりも出世しやすいといわれているんで、大卒で一般職を狙う人の方が多いです。

国家公務員の総合職とは

国家公務員の職種を見てみるとこんなにも多いのか?とびっくりします。綜合職、一般職のほかに、外務省専門職員や法務省専門職員、気象大学校学生など実にいろいろな職種があります。
国家公務員の総合職は、公務員の中でもエリートの中のエリートです。将来幹部となる幹部候補生と呼ばれる人たちです。テレビで政治の世界を見るとき、官僚と呼ばれる人たちがいますが、ここに選ばれるのが、幹部候補生です。

国民のため、政策を考えたり、法律に関わる非常に重要な任務に就くなど、国のために働く人たちが、国家公務員の総合職です。
責任がとても重い職業となり、法律の知識も必要ですし、専門分野に関して深い知識が必要となります。非常に大きなスケールを持って仕事することが必要となるので、グローバルな意識を持って働くことも必要です。

将来国を動かすような仕事がしたいと考える多くの方が狙う職業が国家公務員、総合職です。時に国の一大事に関わることもあるので、責務ある仕事です。
国の税金からお給料が出ているため、国民のことを考えて仕事に取り組むことが当たりまえの仕事でもあります。正義感があり、自分の事よりも人のため、国民のために行動できる方に向いています。

国家公務員とはどのような仕事?

公務員は国家公務員と地方公務員に分けることができます。これは憲法の全体の奉仕者として規定されているものです。国の業務に従事するのが国家公務員です。
国家公務員は、特別、一般職の二つに分類され、私たちが国家公務員と聞いてすぐに頭に浮かぶ外交官や税務署職員などは、一般職です。つまり、私たちの身近にいる国家公務員は、通常一般職の国家公務員ということです。

国家公務員になるためには、試験を受ける事が必要です。採用試験は、国家公務員の中の様々な職種、受験資格などによって違いがあります。受験資格なども細かく乗っていますので、詳細をしっかり調べなければなりません。

試験に関しては、各府省が作成する業務のパンフレットや、説明会、セミナーなどによってわかります。自分が国家公務員としてどのような業務につきたいかによって試験内容も変わってきますので、先ずは国家公務員という業務にどのようなものがあるのかを理解することが必要でしょう。

試験の内容に関しては詳細に調べる事が必要ですが、大まかに、総合職、一般職、専門職、経験者採用などがありますので、その中で受験資格などがあるかどうか、確認してみるといいでしょう。このほか、学歴や専攻分野によって違う受験もあります。仕事の種類などによって細かく分類されていますので、業種の確認も行いましょう。

当サイトは、国家公務員についてどのような仕事になるのかお伝えします。当サイトがこれから国家公務員を目指す方々の情報サイトとして利用して抱ければ幸いです。